1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

Amavel Antique Dolly Cape ロングコート レディース ジャケット/アウター

Amavel / Antique Violin ケープ付ロングコート - closet childコート予約アイテム Antique Violin ロングコート*シニヨン侵攻 パールビジューボタン3WAYカラーコート Amavel海外並行輸入正規品 パールビジューボタン3WAYカラーコート25300.0000円Amavel Antique Dolly Cape ロングコートAmavel、アマベルAntique Dolly Cape ロングコートお色はボルドー1度のみ短期間着用神経質な方はご購入をお控え下さい。付属のボタンなども揃っています。カラー···レッド、ボルドー着丈···ロング即購入⭕️よろしくお願い致します。商品の情報table th{border: 1px solid #ccc !important;}カテゴリーレディース>ジャケット/アウター>ロングコート商品のサイズFREE SIZEブランドアマベル商品の色をブラック系 / レッド系 / ホワイト系商品の状態未使用に近い
Amavel Antique Dolly Cape ロングコート

モデル:m77821336250-MERC-vx0w599r

通常価格25300.0000円 (税込)

売り切りたいので お値下げ頑張ります! コメントお待ちしております!###

Women's Dedafur collection Coat


COATS


Vintage Rupp & Taureck Couture Leather Alpaca Wool Fur Maxi PeaCoat Womens 40 XL


COATS


Women's Dedafur collection Coat


Women's Dedafur collection Coat


Women's Dedafur collection Coat


コート予約アイテム♪Antique Violin ロングコート*シニヨンカバー


COATS


コート予約アイテム♪Antique Violin ロングコート*シニヨンカバー


Vintage Rupp & Taureck Couture Leather Alpaca Wool Fur Maxi PeaCoat Womens 40 XL


コート予約アイテム♪Antique Violin ロングコート*シニヨンカバー


コート予約アイテム♪Antique Violin ロングコート*シニヨンカバー


Vintage Rupp & Taureck Couture Leather Alpaca Wool Fur Maxi PeaCoat Womens 40 XL


コート予約アイテム♪Antique Violin ロングコート*シニヨンカバー


コート予約アイテム♪Antique Violin ロングコート*シニヨンカバー


Women's Dedafur collection Coat


Women's Dedafur collection Coat


Vintage Rupp & Taureck Couture Leather Alpaca Wool Fur Maxi PeaCoat Womens 40 XL


コート予約アイテム♪Antique Violin ロングコート*シニヨンカバー

















25300.0000円Amavel Antique Dolly Cape ロングコート レディース ジャケット/アウター

Amavel Antique Dolly Cape ロングコート
VINTAGE SHOPPING at The Factory Antique Mall | A VINTAGE VLOGMAS '21 DAY 25HUGE DOLL HAUL | UNWRAP WITH ME | RAGGEDY ANNGaslight - Full Movie - GREAT QUALITY 720p (1940)当てはまったらすぐ買い変えて!2022年冬コートの最重要ポイント解説! VINTAGEVintage and Antique Shopping Tour - Antique Alley in HonoluluVintage & Antique Flea Market || March 2021 ANTIQUE GERMAN DOLLS HI【南フランス蚤の市・ブロカント】素敵なアンティーク食器がたくさん! / ヴィンテージアクセサリー /トゥールーズのフレアマーケットは欲しいものだらけ / Flea market /サルグミンヌ DOLLHOUSE
Saint Laurent - サンローランショルダーバックの通販 - ラクマ

Amavel、アマベルAntique Dolly Cape ロングコートお色はボルドー1度のみ短期間着用神経質な方はご購入をお控え下さい。 付属のボタンなども揃ってい 

俺のお相手は20代後半の亜紀。

一見キシャで可愛い感じの眼鏡の似合う奥さん。

彼女とは子供を通わせている保育園が一緒でよく出くわす。

見て見ぬ振りも出来ない為、ジャッキを取り出し助けてあげた。

後日ちゃんとお礼をしたいから時間を取ってくれと言われた。

嫁さんには黙って会社を早退して待ち合わせ場所に。

以前からお互いにちょっと気になっていたみたいでお酒を軽く飲みながら世間話を・・・

悪い気がしなかった為、暫くその余韻に浸っていた。

今日は友人と遊びに出ると言ってきてある模様。

思い切って誘ってみると恥ずかしそうに頷いた。

されからお互い無言のまま車を走らせた。

ホテルの駐車場に着くと少し抵抗があるのかまだ下向き加減だ。

思い切って亜紀の顔を上げキスをした。

初めは少し抵抗していたが、次第に受け入れてくれる様になった。

亜紀の手を引き部屋に向かう。

まだ亜紀はうつむいいる。

部屋に入り鍵をかけ再び亜紀にキス。

今度は彼女の方から積極的に舌を絡ませてきた。

洗面台の前に立たせ再びきす・・・

短めのスカートを撒くって指を進めるとしつとりとしている。

指先で敏感な部分を刺激すると軽くあえぐ。

そのまま指を入れて得意の指技で攻めてあげると激しく感じているもよう。

キスをしたままだったので大きな声は出なかった。

亜紀はそのままいってしまったようにグッタリと大人しくなった。

俺も我慢できなくなり下だけ脱いでそのまま後ろから挿入。

鏡に映る亜紀の可愛いアヘ顔と小さく丸いお尻を見ながらガンガン攻めた。

亜紀は「凄い、大きい」と言いながら感じまくっていた。

もう後はどうにでもなれとばかり亜紀の中に放出してしまった。

それから二人してシャワーを浴びた。

亜紀は「大きくて気持ちよかった」と感動して今度は口で奉仕してくれた。

それが上手い事。

舌の動きが絶品でアッという間にいかされてしまった。

最後は、ベツトに移り亜紀の全身を丹念に愛撫。

それになによりも綺麗な肌を堪能しながらじっくりと攻め立てました。

亜紀がお返しとばかり攻守交替して俺の愚息に手を伸ばしいやらしそうに微笑みながら舌を這わせてきた。

亜紀も限界とばかり愚息をつかみ上になって腰を沈めてきた。

ヌルッとした感触にたまらずいきそうになるがそこは我慢。

激しい腰の動きに可愛らしい亜紀のあえぎ顔を下から眺め最高の気分である。

亜紀も限界か・・・「一緒にいって」の一言にたまらず放出。

暫く抱き合って呼吸を整えた。

これがつい先日のお話です。

今度保育園で会った時どんな顔したらいいんだろう・・・

また次に期待しちゃってます。
今月初めに、45才の不倫相手(24才年上)に会ってきました。

夕方にホテルで待ち合わせ。

コンビニに行ってお菓子と飲み物を買ってから彼の部屋へ。

うちは黒の膝上丈のコートを着ていました。

その中身は自前のメイド服・下着とはいえないほど布がないエッチな下着・ストッキングを着て行ったんです。

周りから見るとコートから脚しか見えないので、露出魔的格好だったと思います。

ホテルの部屋に入りコートを脱ぐと、彼はコートの中のメイド服を見るなり凄く興奮してくれました。

彼にメイド服の上から乳首を練り上げられ、口から熱く甘い吐息が漏れます。

「はぁっ…ぁ…ああ…んっ」

濃厚なキスをし舌を味わうように絡ませあい…私はもう快感で理性が飛んでました。

そしたら、仁王立ちする彼に

「舐めて」

と言われ…彼の前に跪き、彼の顔を見ながら、竿の裏筋…先っぽ…頭だけをちょっとずつ口と舌を使い奉仕をして彼を焦らしました。

すると、彼が私の頭を持ち腰を振り…イマラを始めたんです。

むせないように、歯が当たらないように、舌を絶妙に動かしながら彼の腰の動きに合わせ頭を振っていました。

ある程度すると彼に体を持ち上げられ、ベッドに倒されました。

パンストを脱がし…私をマングリ返しにし…穴の開いたティーバックから割れ目を見たと思ったら…固くなったモノをいきなり入れてきたんです。

正直ちょっとビックリしましたが、急にくるのも快感でした。

「…き…たあ…////」

「いじらなくてもヌルヌルだよ」

「ァッアアッ…きもちぃん…」

私の反応を楽しむように彼は激しいピストンをし時折中をかき回していました。

そしたら彼は

「どこに何されてるか言えよ」

と言いながら奥を突き上げ始めました。

「み…っふゆ…のぉん…おま…アッアッアッ…おまんこ…っ…○○さんのっん…おち……んちんで…ァッ…つきあげ…られて……ましゅう……」

「こんなに締め付けて…気持ちいのか?」

「しゅ…しゅごいい…アアッ…きもっ…きもちぃい…ですう…」

「美冬は変態だな」

そう彼は言うと、何回かイッてヒクつき、蜜が溢れてる割れ目から固くなってるモノを一気に抜き、アナルにあてがったんです。

私は元々アナルが嫌で、汚いしアナルセックスなんて言語道断派でした。

でも前回彼に会った時指を1本入れられ、イッてしまいました。

だから…彼にならアナルを捧げても良いと思ってたんです。

「変態にはこっちの穴がいいか?」

そう言い、私の蜜がたっぷり付いた固いモノの頭をアナルに入れたんです。

「ああああああ!!!!!」

痛みのあまり、声にならない声で叫んでました。

それでも彼のモノはどんどんアナルの奥に進んでいきます。

痛いのに不思議と、嬉しさと幸せでいっぱいでした。

だって、彼に捧げたかったアナル処女を今捧げているんですから。

そう思っていると彼がピストンを始めました。

「美冬…今何がどこ入ってる?」

「…あなあっ…あなる…ああ…あなる…」

うちの目は完全にいっちゃっていて、アヘ顔になっていたと思います。

何とも言えないアナルの快感に目覚め始めていて、もう言葉も上手く話せなくなっていました。

すると彼が一度腰を止めてくれました。

優しい手つきで私の頭を撫でながら、優しく聞いてくれました。

「何がどこに入ってるかちゃんと言ってごらん?」

「あ…あなるに…ぁあ…○○さんっ……の…おちんちん…はあいって…ます…」

「よく言えました」

彼はそう言うと、ゆっくりまた腰を動かし始めながら

「自分の指をマンコに入れろ」

と言ってきたので左手の中指を入れました。

すると、中の肉壁越しに彼のモノが動くのが鮮明に分かるんです。

「どうだ?自分のまんこに指入れながら、アナルを犯される気分は」

「しゅご…しゅごいい…これ…あああ…しゅごいい!」

ちょっと前までアナルを毛嫌いしていた女の言動とはとても思えませんよね…。

「俺の事好きか?」

そう彼が聞いてきました。

「好きぃ…だいしゅきっ…あ…ああ…ぃしてましゅう…」

「俺もだ…出すぞ美冬!」

そうして彼は最後に激しく腰を振り、溜まっていた精子をアナルに全て出しました。

アナルから抜かれると…何とも言えない解放感がありましたが、アナルでいく事はできませんでした。

その代わり、アナル処女卒業のご褒美として、彼の手マンで何回も潮吹きさせてもらっちゃいました。

アナルはもういいかなって思うんですが…でもなんだか…彼にやられるとクセになってしまいそうです…。

読んでいただきありがとうございました♪
私の妻の知子は先月36歳になったばかりの美人ではないけど、可愛い感じのスラッとした、スタイルのいい女性です。

子供は1人で10歳です。

子供が産まれてからは妻とは余りSEXしなくなり回数は年に1回か2回位です。

妻は私と結婚する前から、今でも大手製薬会社の下請け会社で、もう14年働いています。

私の職場でも妻の会社の医療機器を使っているため、消耗品等の部品を発注することが良く有ります其の時の縁で妻と知り合いました。

一応私は世間で言うお得いさんになっています…新人の担当者からのお願いで一泊での慰安旅行件忘年会に誘われました。

新人担当は、私とそこで働いている妻が夫婦で有る事は知りませんでした。

つまり妻と私が結婚した遥か後に入社した新人さんがうちの担当だったためです。

私も妻の会社の社員旅行なんて行った事が今まで無かったので内緒にして妻を驚かせようと…楽しみにしていましたしかし其の日驚かされたのは私の方でした。

当日、仕事が遅くなってしまい、遅れてその宴会会場につくと、既に皆さん酔っていて…出来上がっていて 中にはそのまま寝込んでしまっている人もいました。

その広い会場の中での角のあたりで数人の男性が集まっていて、異様な雰囲気が伝わってきます。

そのとき角の集団から男の声で「毎年これが楽しみで、来てるんだぜ…」

私は?と思いその集団の中心を人の隙間から覗くと、そこに妻の姿が有りました浴衣が肌けていて胸が丸出しです。

私はビックリして「何やってるんだ!」と声に出しかけた瞬間…妻が声を上げました。


順番待ち男C「次は俺だぜ、知子ちゃん(妻の名)早く射精させて終わらせろよ」

妻「やだぁ~もっと~これ硬いの~A君とするぅ~あぁ~ん…もっと奥まで突いて~もっとぉ~」と腰を「グリグリ」上下に振り股間を擦りつけて…

妻は酒は好きだが、限界より飲んで酔ってしまうと何をしているのか自分でも分からなくなってしまう。

過去に泥酔してナンパされて男にお持ち帰りされた事が何度か有った。

泥酔状態で中出しされてしまいました焦った事も有った妊娠こそはしなかったが…次は離婚という事で許したのだが…

その心配していた悪夢な光景が目の前で行われている。

男A「ちょっちょっと、知子ちゃん激しいよ中に出ちゃうよ!」急に下にいた男が言ったが お構いなしに腰を振りつづけ、ついに妻は中に出されたようだ。

其の後…男CともSEXをしてしまい…中で射精されていた…

その男達の異様な雰囲気に圧倒され、私はただ呆然と見ている事しか出来なかった。

妻「まだぁ~私逝って無いのぉ~オチンチン早く~次のぉ欲しいぃ~」と言うと見ていた男Bが妻の前に肉棒を晒して…

男B「知子先輩…ほら…大きいチンポ有るよ」

妻「あんっ…それ・それ欲しい~おっきいの~待ってたのぉ…」

私は目を疑いました其の男の一物は黒人並の大きさでした。

ズブズブ・ズブと巨根が全部妻の胎内に飲み込まれてました 其の光景を男達はガン見しながら呆れた様子で話していました。

男達「あ~あ…B君の巨根全部飲み込んだよ…これじゃ~うちの課の事務員のアソコもう伸びちゃってガバガバに成ってるよ…」

男A「あ~あ俺…之が毎年楽しみなのにもうこの肉便器オマンコ使い物に成らないないかも?」

男C「公衆便器だからしかたないさ…それにしてもB君のチンポ大きいな…」

男D「ピル飲ませてるんだろうな?この歳で妊娠したら旦那ビックリするぞ」

男A「来週にはA社の役員のパーティに慰安婦として連れて行きますからちゃんと飲ませていますよ…(笑)」

男D「うちの課の事務員は接待営業にも役に立つな…何しろド変態だしな…」


男E「しかし…この知ちゃんの淫乱な姿…旦那が見たら自殺モンだぜ~」

妻は「あんっ・あんっ、あんっ、大きい、大きいのっ、之よ之なのよぉ…奥にっ子宮に…当たってるぅ~」

男B「うわ~知子先輩のおまんこ…奥までが深いよ、」

妻「もっと突き上げて~ズコ・ズコして~オマンコ…ジョボ・ジョボ掻き回してぇ~」妻は男Bの巨根に跨り激しく腰を振っていた。

男B「知子先輩…凄いよ…俺のチンポ奥までズッポシ咥え込んでるよホラ子宮口に先っぽが…合さってる」

妻「あんっ…奥一杯まで届くよぅ~子宮口が…B君の先っぽと合さってる」

男B「知子先輩の肉壷熱くてヌルヌルで気持ち良いですよ~」妻の顔を見ると白目を向いていてアヘ顔に成っていました。

妻「あはっ、、あはっ・あはははっ…腰が止まらなひいぃ~」

男B「あっもう…出そうです知子先輩中に出しますよ」

妻「イイよ・イイよナカに出して出して~」

男B「あっ出ます…うっドクドクドクッ・・・」

妻「熱いぃ…子宮に直接…掛かってるぅ~B君の赤ちゃん出来ちゃうぅ~孕んじゃう~」

巨根の男Bも妻の膣奥で果てました、チンポが抜けると妻のアソコから糸を引きながら精液がドロッと垂れて来ました。

よく見ると妻の膣口はだらしなく…ポッカリ大きく空を開けていました…

今度は男Cが「俺も中出ししよ~」と言いながら巨根での中出しの余韻に浸っている妻の脚を持ち今度は正常位の形に寝かせています。

妻「まだするのーもう疲れちゃった・・・なんだかアソコ痛いしぃ…休憩さして…」と言いながらも妻は男達のなすがままに成り大股を開いています。

Dが挿入しました、 男D「うわっユルぅ~B君のチンポの後じゃガバガバでスカスカだよこれじゃ太平洋マンコだよ」

そんな屈辱的な事を言われながら妻は同じ課であろう4・5人の男達に肉便器扱いされて…順番に中出しされていました。


妻は「もう酔っちゃった…寝かせて~」とその場で大の字に成ります…

男達「知子さんは少し寝てて良いからね~この後内臓ショーだから…」と言いながら3人程の男A.B.Cが空のビール瓶や一升瓶を持って来て何やら準備しています。

5分程休憩してから…

男Aが「さあ他の課の皆さん…うちの課の肉便器知子ちゃんの内臓ショーこれから始めま~す写真撮影OKですよ~」と言いながらLLサイズの医療用のクスコを手に持ちました…

内臓ショーと言う言葉に私は股間が張り裂けそうに成り位の感覚でフル勃起していました…

男Aが内臓覗きですよ~と言いながら…一気飲み後のフラフラ状態な妻にLLサイズのクスコを挿入していました。

クスコ特有のクチバシ部分が上下に大きくガッポリ拡げられ中を覗くと妻の膣口から子宮口が見えていますその下に精液で有ろう白濁液がメレンゲ状態で溜まっていました。

約5人分の精液ですピルが無ければ、妊娠しても不思議では有りません、男達が妻の膣内ををカメラで撮影していました、 ネットに流すみたいな話をしている社員もいました。

クスコを外された妻のアソコを見ると、白く泡立った精液が膣口に大量に溢れ、床に垂れ糸を引いていました…今度はビール瓶が出て来ました…

男A「アララ奥さんのアソコ…ビール瓶がスッポリ…」と言いながら異物挿入を始めました…瓶の飲み口を膣口に突き刺して遊んで…

妻は男Aに異物を挿れられながらも「あんっ…そんな物よりぃ~B君のおチンポぉ~おチンポ~欲しいいぃ~」と変態丸出しで…


それでも妻はビール瓶を抜かさす所か瓶を咥え込んだまま…自分のオマンコを皆の携帯やカメラの前に晒していました…

男達「ほら・知子さん…B君に本物チンポ挿れて欲しかったら…ちゃんと皆の前でオネダリしなきゃ?」と乱暴にビール瓶でズコズコされています。

妻「あ…あ…瓶より…B君…おチンポ挿れて…ココにぶち込んで下さい~」

男Cが「駄目~知子さんオネダリがイヤラシク無いし…コレで十分だ~」と今度は一升瓶を膣穴にズボッっと突っ込まれて…

妻「あんっ…それじゃ~無いの…B君の本物おチンポ~」

一升瓶の注ぎ口の根本まで全部挿入されて…グイグイ男Cに足で瓶の底を押え付けられていました。

妻「足で押し込まないで~子宮が持ち上がってるよ~」と言いながら痛がる所か相当感じまくりでした…

男C「ホラ知子さん…本物チンポ欲しいなら…もう一回ちゃんと皆のカメラ向かってオネダリして」と言われています。


妻が「あんっ…36歳でもうオバサンだから~汚ちゃない…使い古しマンコだけど~若いB君のおチンポをハメて下さい」

男Aが「もっと…オネダリ…言って」と妻に耳打ちしながら催促していました。

妻は「あんっ…知子のオマンコは…誰のおチンポでも良いから挿れて欲しい公衆便所マンコれすぅ~」

再び男達の声が「ホラ奥さん…カメラに公衆便所の大穴を他の課の人達にもよく見せて…」


妻「来年も皆の肉便器にしてもいいから~大穴で汚ちゃない使い過ぎの肉壷を皆のおチンポで掻き混ぜて下さいぃ精液で…消毒して下さい」と言わされて…

男の一人がマジックで妻の太腿に「中出しOK」とか「公衆便所マンコ」と落書きまでしています。

私は黙って見ているしか出来ませんでした…

最後に男B「じゃ~知子先輩特別に2回目挿れてあげますね?」

妻は「嬉しい~早く…ぶち込んで~ココにぃ~知子の大穴にぃ…B君のおっきいおチンポで蓋をして~」

正常位です妻は大股開きのM字開脚ポーズで男Bの挿入を待っていました…私が見ている目の前で大きな亀頭が妻の膣口を「コッポリ」と押し拡げています。

男Bが「知子先輩挿れますよ~」と腰をクィッっと軽く押すと…ゴポッっと妻の膣口は大口を空けて男Bの亀頭を咥え込みました…

妻は「知子で良いよ~こんなに…奥に来るおチンポ久しぶりぃ~B君もっとぉ~もっとぉ~そう…突き刺すように~」と喚いていました…

15分位の激しいピストンの後男Bが「知子さん…俺…もうすぐ出そう…中に出して良い」と聞かれ…

妻は「あああ…な・中で出して~赤ちゃん…出来ちゃってもいいから」を連呼していました。

男Bが「奥さん中で出すよ?」と言いながら「ガンガン」激しく巨肉棒で妻の再奥を突き上げていました。

妻は「こわれる…知子の子宮…こわれる…アンッ…アン」と感じすぎて喘いでいるだけでした…そして激しい一突きの後に男Bの動きが止まりました…

妻が「ウウッ」と呻きました。

男Bが「あっ…知子さんイクッ…」と言いながら射精しています睾丸袋を「ピクピク」させています…


アヘ逝き顔の…アクメ顔をカメラの前や男達の前に晒していました。


大きな亀頭部分が妻の膣口から抜けると同時に膣口が大きく口を開き…グニュッと肉音を響かせていました。

妻は「んはぅ~」と変な声を上げました…妻のガバマンが更に大きく拡げられた様子です。


そして妻は逝きまくりの放心状態で仰向け蛙のポーズのままで固まっていました。

男Bはおもむろに妻の膣口に指を2本をグイッっと奥まで挿入してからグニィと軽く下げました…案外乱暴に妻の女性器を扱っていましたそれは結構慣れてる様子でした…

緩々の膣肉が「ビローン」と伸びで膣道に下り坂を作成しました。

妻の膣口は大穴を空けているので赤い膣肉のヒダヒダが奥まで見えてしまっていましたその坂道を「ドロッ」としたAさんの精液が流れ出てきます。

更に男Bは両手の指を2本ずつ挿入してから膣肉の限界まで膣口を拡げて指クスコ状態を作り他の課の社員の男達に妻の内臓を見せていました…

男達が「子宮の入り口まで見えちゃってると言ってます」皆がデジカメや携帯で妻の内臓を撮影しています。


他の課?の男達が一通り中に出した後、一人の男が俺に話し掛けて 来ました。

それは巨根の持ち主の若い男BでしたBこそがうちの担当だっんです。

Bが「あ、来てたんですか、内の事務員とどうです一発?」

私は「凄いね…あの事務員の女の人…何人相手にしたの?」と聞くと…

事務員が私の妻だとは知らないBは「ああ…知子さん…今で10人位ですかね…毎年恒例なんですよ~酔うと淫乱な肉便器に成るらしいんですよ」と陽気な笑顔で話してくれます。

私は込み上げる気持ちを抑えながら「皆…平気で中出ししてるよね?妊娠しないの?」


私は声を震わせながら「他の会社の男達ともSEXしてるんだ?うちの会社の社員とか?もう何人位とした事が有るのかな?」

Bは「僕は新人だから詳しくは知らないですけど…先輩の話では接待事態は12年前からだから…取り引き先全部ですから…の多分300人は超えてると思いますよ…まあ営業ですね(笑)」

ショックでした…妻は入社2年目から慰安婦接待を始めたいたのです…

私は興奮気味に「そんな仕事有るんだ?…事務員さんは嫌がらないの?」と聞くと…


私は「彼女結婚はしてるよね?」Bが「ああしていますよ旦那が構まってやらないからこう成ったんですかね?いや元から変態なんでしょう(笑)」

私は「はははは…」と笑うしか有りませんでした…

B「知子さんが気にいったんなら一発して下さいよ?挿れるの嫌ならフィストとかしても構いませんし…ビール瓶とかアソコにぶち込んで踏みつけたりとか…」

私は「ソコまでして良いの…接待の枕営業出来なくなるよ?構わないの?」

B「乱暴に扱って…壊れても構いません…オバサンだから余り枕には使えないしA社の会長の子種で孕んだら良いんですよ…廃棄(退職)処分だし…(笑)」

私はカッと頭に血が登ったが、逆に異常な興奮もしていて、皆の前で妻を押し倒していた。

妻はまだ酔いが覚めておらず私に気がつかないというよりその異常な雰囲気に酔っているようだった。

10人以上の男に嵌められて連続で中出しされ異物挿入され拡張されてしまった妻の膣口は閉じずにバックリと口が空いたままに成っていた…

そこに自分の一物を入れると、「ツルッ」と根本まで簡単に挿入出来てしまいました。

異物挿入やBの巨根に「ズボズボ」に拡張されていて…膣内も他人の精液で「ヌルヌル」としていて何も抵抗が無いような状態にされていた。

大事な妻の中に出した男達に見られながら、妻を抱いていることに興奮し激しく腰を振った…

男B「毎年恒例だから、今年はうちの事務員さん独り占めしていいですよココが嫌なら部屋でどうぞ…勿論中出しも何発でもOKですよ」と 担当が私に声をかけた。

私は妻の中に入れたまま抱きかかえ駅弁スタイルで、自分の部屋へ連れて行った。

妻「よっちゃん(私)、なんでここにいるの?…あぁ~ん…」 やっと酔いが覚めてきたようだ。

私「お前…覚えて無いのか?」

妻「あん…あぁん…やだ…見てたの?」

私「毎年恒例なのか?」

妻「わかんない~あっ…気が付くと、やられてるんだもん…あっナカ…タプタプザーメン…垂れて来た…」

部屋の中でも、妻を抱き続けた…他の男の精液を亀頭で掻き出しながら…3回は中出しした。

ピストンの最中…私も悔しくて涙が出てきた… 妻も泣いていた。

事が終わって、じっくりと話を聞くと、私と結婚する前2年前…営業課長の愛人に成り…結婚後も接待業務の度に慰安婦として連れて行かれ…ボーナスも其れ成りに貰っていて…

ココ数年前からは…お酒の絡む宴会行事の後には、恒例と成り必ず誰かにやられていたらしい。

妻にやられているときの内容を説明してやった。

は、思っていなかったらしい…既にガバマンにされてしまったが・・・

私は妻に仕事と酒を辞めさせた。
私の妻知子は先月35歳になったばかりの美人ではないけど、かわいい

感じのスラッとした、スタイルのいい女性です。

妻は私と結婚する前から、ある製薬会社で働いています。

私の職場でも妻の会社の医療機器を使っているため、消耗品等の部品を発注することがよくあり、世間で言うお得いさんになっています。

そのためか、うちの担当者から一泊での慰安旅行件忘年会に誘われました。

その担当は、私とそこで働いている妻が夫婦であることは知りませんでした。

私も妻の会社の社員旅行なんて行った事がなったので、楽しみにして

妻を驚かせようと、内緒にしていました。

しかし驚かされたのは私の方でした。
当日、仕事が遅くなってしまい、遅れてその会場につくと、すでに

いました。

その中で、会場の角のあたりで数人の男性が集まっていて、異様な

雰囲気が伝わってきます。

そのとき角の集団から「毎年これが楽しみで、来てるんだぜ」

?と思いその集団の中心をのぞくと、そこに妻がいました。

しかも服がはだけて、胸が丸出しです。

私「何やってるんだ!」と声に出しかけた瞬間

寝ており、その男の物を受け入れ、腰をくねくねと振っていた。

男A「次は俺だぜ、早く終わらせるよ」

その心配していた悪夢が目の前で行われている。

お構いなしに腰を振りつづけ、ついには中に出されたようだ。

妻「まだー私逝って無いーおちんちん早くー欲しいー・・」

男B「知子さんほらさっきより大きいの有るよ」

妻「それ・それ欲しい大きいの待ってたのー」

私は目を疑いました其の男の物は黒人並の大きさでした。

「ズブズブ・ズブと巨根が全部妻の胎内に飲み込まれてました」

其の光景を男達はガン見しながら呆れた様子で話していました

妻「あん、あん、大きい、之よ之なの!!」

男B「知子さんのおまんこ締まるよ、」

妻「もっとズコ・ズコしてー掻き回してー」

妻は巨根に跨り激しく腰を振っていた。

男B「知子さん凄いよ奥まで咥え込んでるよ!」

妻「奥まで届くー子宮壊れちゃうー」

男B「知子さんの肉壷気持ち良いですよ」

妻の顔を見ると白目を向いていてアヘ顔に成っていました・・・

妻「あは・あは・腰が止まらない・・・」

男B「あっもう出そうです知子先輩中に出しますよ」

妻「熱い子宮に来るー赤ちゃん出来ちゃうー」

妻「まだするのーもう疲れちゃった・・・」

ネットに流すみたいな話をしている社員もいました・・・

男性社員達が一通り中に出した後、その中の一人が俺に話し掛けて

来ました、巨根の持ち主でしたBこそがうちの担当だっんです。

「あ、来てたんですか、内の事務員とどうです一発?

誰でもOKなんですよ殆どの社員が中出ししてますから・・・」

担当が私に声をかけた。

妻の中に入れたまま抱きかかえ、自分の部屋へ連れて行った。

部屋の中でも、妻を抱き続けた3回は中出し、した。

「よっちゃん(私)、なんでここにいるの?、、、ぁん」

やっと酔いが覚めてきたようだ。

「あん、、、、、、、ぁん、、、見てたの?」

「毎年なのか?」

涙が出てきた、、、、。

妻も泣いていた。

後には、誰かにやられていたらしい。

時には、やられてしまっていた。

妻にやられているときの内容を説明してやった。
一見キシャで可愛い感じの眼鏡の似合う奥さん。
彼女とは子供を通わせている保育園が一緒でよく出くわす。 見て見ぬ振りも出来ない為、ジャッキを取り出し助けてあげた。
後日ちゃんとお礼をしたいから時間を取ってくれと言われた。
嫁さんには黙って会社を早退して待ち合わせ場所に。
以前からお互いにちょっと気になっていたみたいでお酒を軽く飲みながら世間話を・・・ 悪い気がしなかった為、暫くその余韻に浸っていた。 話を聞くと亜紀の家は旦那さんの両親と同居であまりうまくいっていないとの事。
今日は友人と遊びに出ると言ってきてある模様。
思い切って誘ってみると恥ずかしそうに頷いた。
されからお互い無言のまま車を走らせた。
ホテルの駐車場に着くと少し抵抗があるのかまだ下向き加減だ。
思い切って亜紀の顔を上げキスをした。
初めは少し抵抗していたが、次第に受け入れてくれる様になった。
亜紀の手を引き部屋に向かう。
まだ亜紀はうつむいいる。
部屋に入り鍵をかけ再び亜紀にキス。
今度は彼女の方から積極的に舌を絡ませてきた。 その場では手それ以上は抵抗があったので二人して部屋の奥に・・・
洗面台の前に立たせ再びきす・・・
短めのスカートを撒くって指を進めるとしつとりとしている。
指先で敏感な部分を刺激すると軽くあえぐ。
そのまま指を入れて得意の指技で攻めてあげると激しく感じているもよう。
キスをしたままだったので大きな声は出なかった。
亜紀はそのままいってしまったようにグッタリと大人しくなった。
俺も我慢できなくなり下だけ脱いでそのまま後ろから挿入。
鏡に映る亜紀の可愛いアヘ顔と小さく丸いお尻を見ながらガンガン攻めた。
亜紀は「凄い、大きい」と言いながら感じまくっていた。
もう後はどうにでもなれとばかり亜紀の中に放出してしまった。
それから二人してシャワーを浴びた。
亜紀は「大きくて気持ちよかった」と感動して今度は口で奉仕してくれた。 最後は、ベツトに移り亜紀の全身を丹念に愛撫。 それになによりも綺麗な肌を堪能しながらじっくりと攻め立てました。 亜紀がお返しとばかり攻守交替して俺の愚息に手を伸ばしいやらしそうに微笑みながら舌を這わせてきた。 亜紀も限界とばかり愚息をつかみ上になって腰を沈めてきた。
ヌルッとした感触にたまらずいきそうになるがそこは我慢。
激しい腰の動きに可愛らしい亜紀のあえぎ顔を下から眺め最高の気分である。
亜紀も限界か・・・「一緒にいって」の一言にたまらず放出。
暫く抱き合って呼吸を整えた。
これがつい先日のお話です。
今度保育園で会った時どんな顔したらいいんだろう・・・ 急に言い出した、理由は喧嘩していた旦那と最近仲良くなり
僕は少しショックだったが、不倫だし引き際も有るし
仕方ないので、奥さんに最後のSEXしたいと
僕は申し出た・・・

奥さんは危険日なので絶対ゴム付きでと言う事で何とか
OKしてくれた・・・
以前なら生挿入は当たり前で安全日には当然のように
中出しも、させてくれていたのに凄い変貌だった・・・
近所のホテルに入りました・・・

奥さんは僕に愛情が、もう無くマグロ状態でフェラも
してくれず只挿入を待ってるだけの
大股開きのダッチワイフ状態に成っていた・・・

僕は悲しくなったがそれでも、ベッドで横たわり
大股開きの形で、自分で小陰唇の肉ビラを拡げて
挿入を待っている奥さんの姿を見て僕のチンポは
ビンビンでカチカチだった・・・

奥さんにズボッと奥まで一気に挿入した・・・
亀頭が奥の子宮頸部にコツンと当たる・・・
瞬間奥さんは「ううっ」声を上げそうに成ったが
口を閉じようとして我慢している様子だった・・・
最後のSEXなので・・・僕は早く終わるのは勿体無いので
今度は浅くゆっくり出したり挿入したりしたゴム越しだと
寂しい気がした・・・

何時ものように奥さんが大声で喘ぐ姿を見たかった・・・
奥さんの顔が歪んでいるまだ我慢している様子だ・・・
最後のSEXだから奥さんに嫌われても良いので痛がるくらい
奥まで挿入してやろうと思った・・・

そして奥までゆっくり挿入した亀頭が子宮頸部に触れたが
構わず更に奥まで痞えるまでググッと挿入した・・・
段々奥さんが「ハア・ハア」してきた・・・

僕は奥さんに「奥さんの奥まで挿って、子宮口押し込んで
ますよ・・・気持ち良いですか?」と耳元で囁いた奥さんは
まだジッと我慢していた・・・黙っていた、悔しいので
僕はカチカチのチンポで更にガンガン子宮を貫いた・・・
奥さんはとうとう大声で声を上げた・・・
「奥・奥壊れる凄い初めてーもっと・もっと突いてー」 生で挿入しているので膣肉の慌しい動きがうねる様にチンポ
に伝わって来た・・・奥さんは大声で
「硬い・貴方の硬い主人より硬いどうしてこんなに硬いのー奥にくるうー」 オマンコにあてがい腰を落としてきた「ズズ・ズブッ」と根元まで咥えこんでいる・・・

僕が「旦那より良いだろ?と言うと」 と言いながら僕に股間を押し付けて腰をくねくね振っている・・ 今度はバックで挿入した・・・奥さんが「さっきより奥まで来るー」と来るっていた・・・

僕はバックでガンガン突き捲った悲しいのか悔しいのか解らないが
僕も泣いていた涙目に成っている・・・
奥さんの膣奥に精液ダマリのような空間が出来ているのが
亀頭の先から伝わって来た・・・
奥さんの分泌物の白濁液が一杯チンポに纏わり付いている
顔を見ながら射精したいのでまた正常位で挿入した・・・
奥さんの顔がアヘ顔に成っている僕はまだ射精したくないので半分だけ奥さんに挿入して 足を僕の背中に廻して組み付いた・・自ら腰を浮かして股間を押し付けてきた 奥深くまで僕の肉棒を受け入れていた亀頭が子宮頸部を上に押し込んでいる
奥さんの目が潤んでいた・・恍惚な表情だった・・・
奥さんのコリコリな子宮頸部に亀頭が激しくぶつかると同時に奥さんは 奥さんは我にかえった様に「駄目・駄目ー今日は駄目赤ちゃん出来ちゃう日だから絶対駄目ー」 妊娠したがってるかの様に嫌がりながらも股間を押し付けている子宮口を亀頭に押し付けて離そうとしない・・・

僕は更に奥さんの子宮口をゴリュ・ゴリュ突いた・・
思い切り突いた・突いて・突いて突き倒した・・・
既に細かく先走り汁が出ていた・・・小刻みにもう精子も出ている・・・
何時の間にか奥さんの声が聞こえ無くなった・・・
奥さんが失神していたので、最後子宮口に亀頭を押し当てたまま大量の精液を奥さんに注ぎ込んでやった・・・

ドクドク・ドクッと大量の精液を奥さんの子宮にぶちまけた
3分位奥さんの体に抱きついていた・・・
チンポを抜くと奥さんのアソコは充血して赤く成っていた 多分精液プールに溜まったのだと思う・・・ 感じのスラッとした、スタイルのいい女性です。
妻は私と結婚する前から、ある製薬会社で働いています。
私の職場でも妻の会社の医療機器を使っているため、消耗品等の部品を発注することがよくあり、世間で言うお得いさんになっています。

そのためか、うちの担当者から一泊での慰安旅行件忘年会に誘われました。
その担当は、私とそこで働いている妻が夫婦であることは知りま
せんでした。 私も妻の会社の社員旅行なんて行った事がなったので、楽しみにして
妻を驚かせようと、内緒にしていました。
しかし驚かされたのは私の方でした。

当日、仕事が遅くなってしまい、遅れてその会場につくと、すでに いました。
その中で、会場の角のあたりで数人の男性が集まっていて、異様な
雰囲気が伝わってきます。 そのとき角の集団から「毎年これが楽しみで、来てるんだぜ」
?と思いその集団の中心をのぞくと、そこに妻がいました。
しかも服がはだけて、胸が丸出しです。
私「何やってるんだ!」と声に出しかけた瞬間 寝ており、その男の物を受け入れ、腰をくねくねと振っていた。
男A「次は俺だぜ、早く終わらせるよ」 妻は酒は好きだが、酔ってしまうと何をしているのかわからなくなってしまう。 焦った事も有った妊娠こそはしなかったが・・次は離婚という事で許したのだが・・・ その心配していた悪夢が目の前で行われている。 お構いなしに腰を振りつづけ、ついには中に出されたようだ。 妻「まだー私逝って無いーおちんちん早くー欲しいー・・」
男B「知子さんほらさっきより大きいの有るよ」
妻「それ・それ欲しい大きいの待ってたのー」
私は目を疑いました其の男の物は黒人並の大きさでした。 「ズブズブ・ズブと巨根が全部妻の胎内に飲み込まれてました」
其の光景を男達はガン見しながら呆れた様子で話していました 男A「あーあ之が毎年楽しみなのにもう事務員使い物に成らないな・・・」
妻「あん、あん、大きい、之よ之なの!!」
男B「知子さんのおまんこ締まるよ、」
妻「もっとズコ・ズコしてー掻き回してー」
妻は巨根に跨り激しく腰を振っていた。
男B「知子さん凄いよ奥まで咥え込んでるよ!」
妻「奥まで届くー子宮壊れちゃうー」
男B「知子さんの肉壷気持ち良いですよ」
妻の顔を見ると白目を向いていてアヘ顔に成っていました・・・
妻「あは・あは・腰が止まらない・・・」
男B「あっもう出そうです知子先輩中に出しますよ」
妻「熱い子宮に来るー赤ちゃん出来ちゃうー」 ドロッと垂れてきました・・・よく見ると膣口が大きく穴を開けていました。。。 妻「まだするのーもう疲れちゃった・・・」 男C「うわっBのチンポの後じゃガバガバじゃんスカスカだよ太平洋マンコだよ」 最後の男が中出しした後フラフラな妻に今度はクスコを挿入していました 約8人分の精液です・・・男達が妻のアソコをカメラで撮影していました
ネットに流すみたいな話をしている社員もいました・・・
男性社員達が一通り中に出した後、その中の一人が俺に話し掛けて
来ました、巨根の持ち主でしたBこそがうちの担当だっんです。
「あ、来てたんですか、内の事務員とどうです一発? 誰でもOKなんですよ殆どの社員が中出ししてますから・・・」 妻はまだ酔いが覚めておらず、というよりその異常な雰囲気に酔っているようだった。 そこに自分の物を入れると、ツルッと簡単に挿入出来てしまいました・・・ 大事な妻の中に出した男達に見られながら、妻を抱いていることに興奮し激しく腰を振った・・・ 担当が私に声をかけた。
妻の中に入れたまま抱きかかえ、自分の部屋へ連れて行った。 部屋の中でも、妻を抱き続けた3回は中出し、した。
「よっちゃん(私)、なんでここにいるの?、、、ぁん」
やっと酔いが覚めてきたようだ。
「あん、、、、、、、ぁん、、、見てたの?」
「毎年なのか?」 涙が出てきた、、、、。
妻も泣いていた。 後には、誰かにやられていたらしい。 時には、やられてしまっていた。
妻にやられているときの内容を説明してやった。 は、思っていなかったらしい。既にガバマンにされてしまったが・・・
短期のバイトで少しでも稼ぐことにした

選んでる余裕なかったから大量募集で面接不要の仕事

配送業、期間は2か月弱、即採用

出勤初日、社員と一緒に担当箇所を車でまわる

翌日から一人立ち

初日の夜、責任者から電話が来た

集合場所の変更かと思いながら「もしもし・・・」

責「1さんですか?」

1「はい。お疲れ様です」

責「あの」

1「?」

責「あの」

1「はい?」

責「明日、来てくれるよね」

いいともかよwwwwwwwwwwww

次の日曜までがっちりシフト入ってたから謎だった

翌日、ひとりで指定された場所をまわるものだと思っていたが

責「1さんは別の仕事してもらうね」

1「は?」

責「僕の仕事手伝ってもらおうと思って」

責任者の仕事は、指示と確認、報告待ちが主

1「具体的に何をすればいいんですか?」

責「となりにいてくれれば」

1「は?」

1「え?ちょwwwwwww」

頬染めてたwwwwwww

この人はまずいと思った

スペック

1 23歳、顔面は平均より下、ガリガリ

長髪だし美女じゃないし、綾波レイには全く似ていない

責任者がちら見してくるのがテラ怖いwwwwwww

近所のファミレスにて

1「失礼ですが、ご結婚は」

責「バツ1で、今はひとり」

1「ほう」

責「ひとつ、お願いがあるんだけど」

1「なんでしょう」

責「1さんを想像して、自慰行為してもいい?」

爪いじりまくってるwwwwwwwww

目が泳いでるwwwwwwwwww

私の中でひとつの答えが出た

・・・こいつドMだ

1「自慰行為で何を想像するかは、自由でしょう」

責「じゃあ、今夜さっそくするから」

テラ上目使いwwwwwwwww

1「するから?」

責「しても、いいですか?」

こいつ、できるwwwwwwwwwwwww

こんなこと女に言ったらかなりの確立で訴えられると思うwwwwwwww

少なくとも辞めるだろこんな変態いたらwwwwww

おもしろいかもしれないしwwwwwwwwwwwやったろうと思ったwwwwwwww

この日を境に、私の仕事はこいつを調教することに変わった

時給1000円、仕事は超ラク

2chに「くそワロタ」と書きこむ毎日

2人きりの事務所

私は2ch見ながら、たまに来る電話で終了報告受けるだけ

責任者は松井稼頭央似だから以下稼頭央で

1「綾波レイに、似てないけど」

稼頭央「雰囲気が」

1「そう」

書類書きながらモジモジしてる稼頭央

1「我慢できないの?」

稼頭央「はあはあ」

1「だらしないね」

稼頭央「はあはあ」

1「苦しい?」

稼頭央「はい」

稼頭央「はあはあ」

稼頭央は前かがみでダッシュして行った

5分後

稼頭央「っあ・・・」

1「早いね」

稼頭央「おとといからずっと我慢していたので」

1「どれぐらい出たの?」

稼頭央「濃いのが、ずっと、止まらなくて」

1「それで?」

稼頭央「それで・・・」

1「どんなふうに手を使ったの?」

1「いやらしい」

稼頭央「ああっ」

1「変態」

稼頭央「」

1「手は洗ってきたの?」

稼頭央「」

1「正直に言わないと怒るよ」

稼頭央「洗ってません」

1「じゃあ、自分で舐めて綺麗にしたら?」

稼頭央「ふぁい」

本当にやりやがったこいつwwwwwwwwww

稼頭央「わかりました」

みんなの前では普通に、ひとりのバイトとして振舞って

稼頭央も「はい、お疲れー」とか普通に言ってくる

変態のくせにまともなふりしてやがるwwwwww可愛いwwwwww

それからも稼頭央は物欲しそうな目で私を見てくる

夜メールで「お許しをください」ってきたけどシカトした

稼頭央はどうしたらいいのかわからないって感じできょどってた

このシカトを計3日続け、休日に入った

休日中は稼頭央からの連絡はなかった

月曜日

昼飯前、いきなり稼頭央に

「我慢できたの?」って言った

稼頭央は顔をぐしゃぐしゃにしながら首を振った

なんだこのおっさん超萌えるwwwwwww

しかし私は冷たい目で、「そう」とだけ言って目を逸らした

稼頭央「許して下さい、1さんのことだけ考えてました」

1「ならどうしてきちんと報告しないの?」

稼頭央「」

1「駄目でしょ」

稼頭央「」

1「今誰もいないから机の下で触って。出したら駄目だよ」

稼頭央の目が輝いてたwwwwwwww

1「服の上からだよ。私を見ながら触って」

私は稼頭央の視線を感じながら、2ch見たり電話対応してた

稼頭央「うう」

1「なに?」

1「我慢しなさいよ」

稼頭央「許して下さい」

1「出したら終わりね。明日から普通に外回りさせて」

稼頭央「いやです」

1「顔」

稼頭央「え?」

1「今どんな顔してるのか見せて」

稼頭央、頭をふるふる

1「見せてよ」

稼頭央「いやです」

1「そんなんじゃ、私はちっとも感じないよ」

そのとき私に衝撃が走った

稼頭央かわいいよ稼頭央・・・

稼頭央「出ちゃう出ちゃう」

1「この前出したあと、何回したの?」

稼頭央「えと・・・えっと・・・」

1「正直に言ってみて」

稼頭央「5回」

多すぎワロタwwwwwww

稼頭央「1さんがフツメンくんと話してるところを想像しながら」

1「フツメンくんと私が話してるところ、見てたの?」

稼頭央「はい」

1「どう思った?」

1「へえ」

1「あとは」

1「それは願望?」

1「じゃあどうしてそんなこと想像してたの?」

稼頭央「そういうことを考えていたらすごく勃起して」

1「変態」

稼頭央「ごめんなさい」

1「自分で言ってみなよ」

稼頭央「僕は変態です」

1「違う、どういうふうに変態なのか、ちゃんと言ってごらん」

1「今日、駅まで送ってくれる?無理だったらいいの」

稼頭央「送ります」

1「逝くときの顔、近くで見せて」

稼頭央「ふぁい」

私はずっと無表情で稼頭央のティン子見てた

1「ほんと、だらしない」

稼頭央「はあはあ」

1「涎まで垂らして、どうしようもないね」

稼頭央「はあはあ」

1「見られるのがそんなに嬉しいの?」

稼頭央、何度も頷く

1「ちょっと、腰を突き出して」

稼頭央、ずるっと椅子の上ですべる

私は稼頭央のティン子に、ふっと息を吹きかけた

稼頭央「はうっ」

1「感じる?」

稼頭央「うぅっ」

1「感じるかどうか、聞いているの」

稼頭央「あへあへ」

会話にならない

1「手をとめて。きちんと答えて」

稼頭央「もう一回」

1「は?」

稼頭央「もう一回お願いします」

1「質問に答えてはくれないんだ」

稼頭央「はぁはぁ」

おったったままのティン子に、再度息を吹きかける

稼頭央「はうぁ」

1「敏感なの?それとも答えたくないの?どっち?」

稼頭央「もっとしてくらさい」

1「わがままだね。ちゃんと言えないのかな?」

1「じゃあ、手を使わなくても逝けるかな」

稼頭央「あああ」

ふーっ、ふーっ、っと10回ぐらいやったとこで

どろっとしたのがたらーって出てきた

本当に変態なんだと思った

で、翌日

今度は稼頭央のほうから帰り駅まで送りたいって言いだした

もちろん断ってフツメンくんと歩いて帰った

そしてまた数日放置

休みの日の前日、絶対誰もこない時間帯に

1「今、仕事大丈夫?」

稼頭央「うん」

1「じゃあ、舌出してみて」

稼頭央「え」

1「はやく」

言われるがまま舌を出す稼頭央

1「もっと出して」

稼頭央「ふぁい」

1「私のあそこ、舐めてるとこ想像して舌を動かしてみて」

馬鹿みたいに舌をくねくねさせる稼頭央

1「それじゃ感じないよ」

ひたすら小刻みに舌を動かす稼頭央

しばらく稼頭央を見つめる

稼頭央はアヘ顔で、宙を舐め続けてる

1「まさか、勃起したりしてないよね?」

突然、びくんとなる稼頭央

1「立ってみて」

明らかにもっこりしてる稼頭央

1「すぐ勃起するんだね変態は」

稼頭央はなんのためらいもなく指にしゃぶりついた

稼頭央「おいしいですおいしいですおいしいですおい(ry」

1「変態」

稼頭央「変態です」

電話が鳴ったから稼頭央の指しゃぶりは終了

その後も稼頭央は悶々としていたが無視

帰りも稼頭央の誘いを待つことなくフツメンと普通に帰宅

その夜、ものすごい量のメールが送られてきた

内容は全て「自慰を許可して欲しい」それを少しずつ変えたもの

この時点で働き始めて3週間ちょい

残り約1か月

連絡先はもちろんだが住所バレもしてる

稼頭央が家まで押し掛けてこないかどうかが心配だった

4週間目の最初のころ

犯人はあいつとしか思えない

1「今日はしてもいいよ」

稼頭央「本当に?」

1「うん、でも私のペットボトルは使わないでね」

稼頭央「えっ」

稼頭央は完全に沈黙してた

1「どうして勝手にそういうことするの?」

稼頭央「・・・」

1「もう、私の指示や視線は必要ないってことでしょ」

稼頭央「違う」

1「だってそうじゃない。なんでも正直に言ってって言ったのに」

稼頭央「ごめんなさい」

1「謝ったら許してもらえるの?」

稼頭央「・・・」

1「どうすればいいと思う?」

稼頭央「・・・」

1「わからないなら、終わりだね」

稼頭央「ごめんなさい」

1「怒ってないからね」

稼頭央「えっ」

1「怒ってないよ、ただ、あなたから終わりにしたってだけでしょ」

稼頭央「許して下さい」

1「私が許可しなかった間、どうしていたの?」

そっちかよwwwwwww

1「口とか使ってないの?」

1「せめて聞いてみたら?」

稼頭央「だって返事くれないから」

稼頭央「だって」

稼頭央「ごめんなさい」

1「だから私は怒ってないし、謝らなくてもいいの」

稼頭央「嫌です」

1「嫌だとかごめんなさい以外に、何も言えないの?」

ちなみにこの会話の間、私は軽く微笑みながら喋ってる

稼頭央「今日、駅まで一緒に帰って下さい」

1「フツメンくんと帰るよ」

稼頭央「お願いします」

1「フツメンくんのティン子、どんなかな」

稼頭央「お願いします」

1「あなたが舐めた味、フツメンくんも舐めてくれるかな」

稼頭央「嫌」

ちなみにフツメンくんには女として見られてないよwwwwww

あくまでも稼頭央との駆け引きね

1「ちょっと立って」

稼頭央「やめてください」

1「どうして?」

笑いながら言ったら、稼頭央はしぶしぶ立った

1「なんで勃起してるの」

稼頭央「舐めたときのこと思い出して」

1「本当は、フツメンくんとしてるところ見たいんじゃないの」

稼頭央「1さんが離れて行ったら嫌です」

1「でもまだ勃起してるよ?」

稼頭央「」

このへんで稼頭央がかわいそうになった

1「あなたと帰ったら、なにをしてくれる?」

稼頭央「なにをしたらいいですか?」

1「それを聞く?」

稼頭央はしばらく黙ってた

1「まあいいよ、じゃあ帰ろう」

帰り、駐車場で

稼頭央は少し泣きそうで、本当に困った顔してた

1「そこに座ったまま、じっとしてて」

私は稼頭央の後部座席に座って、しばらく黙ってた

1「ねえ、ペットボトルでしごいてたとき、逝った?」

稼頭央「いいえ、それは許されていないと思って」

1「じゃあ逝きそうになったら止めてたの?」

稼頭央「はい」

1「そう」

1「触っちゃだめだよ」

稼頭央「はい」

1「目を閉じて」

稼頭央「はい」

1「私は今どこにいる?」

稼頭央「僕のすぐうしろです」

1「そう。首に息がかかっちゃうね」

稼頭央「はい」

1「私の声、ちゃんと聞こえてる?」

稼頭央「はい聞こえてます」

1「私を感じる?」

稼頭央「はい、僕のすぐ近くで、僕に話しかけてくれています」

1「それだけ?」

稼頭央「呼吸とか、息のあたたかさとか」

1「うん」

稼頭央「あとにおいとか、ぜんぶ」

私は稼頭央の口に、自分の指をすべらせた

1「欲しかったんでしょ」

稼頭央は必死に指吸ってる

1「欲しいときは、欲しいものを、ちゃんと欲しいって言いなさい」

稼頭央「はい」

1「この指で、触って欲しかったんでしょ」

稼頭央は指舐めに夢中

1「ちゃんと言ってごらん」

稼頭央「1さん」

1「ん?」

稼頭央「欲しいです」

1「目を閉じたまま、指を舐めながらティン子さわってごらん」

稼頭央は指舐めたり吸ったりしながら、ティン子しごいてた

1「この指で、しごいてると思って」

稼頭央、一気にスピードアップ

1「喋らなくていいから、私の言葉だけ聞いていてね」

稼頭央、うなずく

1「ほら、こんなにいやらしくさわってるんだよ。気持ちいいね」

私はもう片方の手で、稼頭央の首すじに触れた

1「気持ちいいね、もうべとべとだね」

稼頭央「いってもいいれすか?」

1「もうおしまいでい・・・」

言い終える前に、稼頭央は出した

パンツとかズボンとかに、べったりくっつくぐらい

稼頭央は数秒余韻にひたったあと、超謝ってきた

稼頭央「許可もらう前にごめんなさい」

1「いいよ、次から気をつけて」

稼頭央はずっと私の顔を見てた

契約期限は残り2週間を切っていた

このとき少しだけ、稼頭央が好きになってたかもしれない

でも稼頭央は、私の本当の部分を見てないなって思ってた

それから、オナニーの許可を私は緩めた

でもそれは、Sの私だけを見てるんだなって思った

私も最初からそれを楽しんでいたんだから仕方ない

残り1週間

私は「オナニーの許可」をやめた

稼頭央「でも」

1「いいじゃん、好きな時にできるんだから、ね」

稼頭央「僕が嫌いになりましたか?面倒だからですか?」

1「違うよ」

稼頭央「じゃあどうして」

1「我慢ばかりじゃかわいそうだから、好きにしていいよ」

稼頭央「でも僕は1さんが好きなんです」

1「うん」

1「もういいの」

最後の日

私から一緒に帰ろうと誘った

私は助手席、稼頭央は運転席

1「目を閉じて」

稼頭央は口を開けて目を閉じた

1「口も閉じて」

稼頭央「はい」

1「好きなようにしていいからね」

稼頭央「はい」

しばらくそうしているうちに、稼頭央は勃起した

稼頭央「1さん好きです」

1「ありがとう」

私は稼頭央にキスした。

すごく優しくね、軽いやつ、何回も

稼頭央はティン子しごきだした

私は悲しくなって、涙を堪えながら唇離した

稼頭央「逝っていいですか?いいですか?」

稼頭央は目を閉じたまま、繰り返してた

私はほんとつらくて、目頭おさえながら「いいよ」って言った

稼頭央は逝った

家に帰ってから、メアドと番号拒否った
一見キシャで可愛い感じの眼鏡の似合う奥さん。
彼女とは子供を通わせている保育園が一緒でよく出くわす。
見て見ぬ振りも出来ない為、ジャッキを取り出し助けてあげた。 後日ちゃんとお礼をしたいから時間を取ってくれと言われた。
嫁さんには黙って会社を早退して待ち合わせ場所に。
以前からお互いにちょっと気になっていたみたいでお酒を軽く飲みながら世間話を・・・ 悪い気がしなかった為、暫くその余韻に浸っていた。
話を聞くと亜紀の家は旦那さんの両親と同居であまりうまくいっていないとの事。
今日は友人と遊びに出ると言ってきてある模様。
思い切って誘ってみると恥ずかしそうに頷いた。
されからお互い無言のまま車を走らせた。
ホテルの駐車場に着くと少し抵抗があるのかまだ下向き加減だ。
思い切って亜紀の顔を上げキスをした。
初めは少し抵抗していたが、次第に受け入れてくれる様になった。
亜紀の手を引き部屋に向かう。
まだ亜紀はうつむいいる。
部屋に入り鍵をかけ再び亜紀にキス。
今度は彼女の方から積極的に舌を絡ませてきた。 その場では手それ以上は抵抗があったので二人して部屋の奥に・・・
洗面台の前に立たせ再びきす・・・
短めのスカートを撒くって指を進めるとしつとりとしている。

指先で敏感な部分を刺激すると軽くあえぐ。
そのまま指を入れて得意の指技で攻めてあげると激しく感じているもよう。
キスをしたままだったので大きな声は出なかった。
亜紀はそのままいってしまったようにグッタリと大人しくなった。
俺も我慢できなくなり下だけ脱いでそのまま後ろから挿入。
鏡に映る亜紀の可愛いアヘ顔と小さく丸いお尻を見ながらガンガン攻めた。
亜紀は「凄い、大きい」と言いながら感じまくっていた。
もう後はどうにでもなれとばかり亜紀の中に放出してしまった。
それから二人してシャワーを浴びた。
亜紀は「大きくて気持ちよかった」と感動して今度は口で奉仕してくれた。 最後は、ベツトに移り亜紀の全身を丹念に愛撫。 それになによりも綺麗な肌を堪能しながらじっくりと攻め立てました。 亜紀がお返しとばかり攻守交替して俺の愚息に手を伸ばしいやらしそうに微笑みながら舌を這わせてきた。 亜紀も限界とばかり愚息をつかみ上になって腰を沈めてきた。
ヌルッとした感触にたまらずいきそうになるがそこは我慢。
激しい腰の動きに可愛らしい亜紀のあえぎ顔を下から眺め最高の気分である。
亜紀も限界か・・・「一緒にいって」の一言にたまらず放出。
暫く抱き合って呼吸を整えた。
これがつい先日のお話です。
今度保育園で会った時どんな顔したらいいんだろう・・・ 一見キシャで可愛い感じの眼鏡の似合う奥さん。
彼女とは子供を通わせている保育園が一緒でよく出くわす。
見て見ぬ振りも出来ない為、ジャッキを取り出し助けてあげた。 後日ちゃんとお礼をしたいから時間を取ってくれと言われた。
嫁さんには黙って会社を早退して待ち合わせ場所に。
以前からお互いにちょっと気になっていたみたいでお酒を軽く飲みながら世間話を・・・ 悪い気がしなかった為、暫くその余韻に浸っていた。 今日は友人と遊びに出ると言ってきてある模様。
思い切って誘ってみると恥ずかしそうに頷いた。
されからお互い無言のまま車を走らせた。
ホテルの駐車場に着くと少し抵抗があるのかまだ下向き加減だ。
思い切って亜紀の顔を上げキスをした。
初めは少し抵抗していたが、次第に受け入れてくれる様になった。
亜紀の手を引き部屋に向かう。
まだ亜紀はうつむいいる。
部屋に入り鍵をかけ再び亜紀にキス。
今度は彼女の方から積極的に舌を絡ませてきた。 その場では手それ以上は抵抗があったので二人して部屋の奥に・・・
洗面台の前に立たせ再びきす・・・
短めのスカートを撒くって指を進めるとしつとりとしている。

指先で敏感な部分を刺激すると軽くあえぐ。
そのまま指を入れて得意の指技で攻めてあげると激しく感じているもよう。
キスをしたままだったので大きな声は出なかった。
亜紀はそのままいってしまったようにグッタリと大人しくなった。
俺も我慢できなくなり下だけ脱いでそのまま後ろから挿入。
鏡に映る亜紀の可愛いアヘ顔と小さく丸いお尻を見ながらガンガン攻めた。
亜紀は「凄い、大きい」と言いながら感じまくっていた。
もう後はどうにでもなれとばかり亜紀の中に放出してしまった。
それから二人してシャワーを浴びた。
亜紀は「大きくて気持ちよかった」と感動して今度は口で奉仕してくれた。 最後は、ベツトに移り亜紀の全身を丹念に愛撫。 それになによりも綺麗な肌を堪能しながらじっくりと攻め立てました。 亜紀がお返しとばかり攻守交替して俺の愚息に手を伸ばしいやらしそうに微笑みながら舌を這わせてきた。 亜紀も限界とばかり愚息をつかみ上になって腰を沈めてきた。
ヌルッとした感触にたまらずいきそうになるがそこは我慢。
激しい腰の動きに可愛らしい亜紀のあえぎ顔を下から眺め最高の気分である。
亜紀も限界か・・・「一緒にいって」の一言にたまらず放出。
暫く抱き合って呼吸を整えた。
これがつい先日のお話です。
今度保育園で会った時どんな顔したらいいんだろう・・・
また次に期待しちゃってます。
侵攻 パールビジューボタン3WAYカラーコート Amavel

ラルフローレンフォーマルスーツ4点セット100cm アマベル ジャケット/アウターの通販 300点以上 - アマベルの Amavel antique dolly cape ロングコート 

海外並行輸入正規品 パールビジューボタン3WAYカラーコート

ラルフローレンフォーマルスーツ4点セット100cm アマベル ジャケット/アウターの通販 300点以上 - アマベルの Amavel antique dolly cape ロングコート 

コート予約アイテム Antique Violin ロングコート*シニヨン

ラルフローレンフォーマルスーツ4点セット100cm アマベル ジャケット/アウターの通販 300点以上 - アマベルの Amavel antique dolly cape ロングコート 

Uživatel Amavel na Twitteru: „ Coming soon Item Part2

カラー···ブラック定価18万ぐらいだったと思います。 直営店で購入使用頻度は少なくいつも短時間使用です。 目立つ傷はなく美品です。 幅19cm 高さ12cm マチ5cm 素人 

BLEACH 黒衣少年図 兵主部一兵衛 ガレージキット ガレキ スタチュー①